闘う天使のための読書案内

人にやさしくばかりで自分を後回しにしてる人は「闘う天使」です。天使に笑顔が戻る読書案内を贈ります。

じぶんが生きなければならないように生きるがいい。

今週のお題「2018年上半期」ということで・・・。

今年は例年とは違い、年初の抱負みたいなものを忘れないように過ごせてきました。

なかなか立派~って自画自賛していたんですけど、ここにきて弊害というか、「間違ってた?」と思うところが出てきました。

 

『失われた時代(長田弘:著)』のなかに出てきた、『穴熊(レオニード・レオーノフ:著)』の言葉なんですけど。

 

 

「おまえはじぶんが生きなければならないように生きるがいい」

 

詩人はこの言葉が好きだ、と書いています。

そして次のような解釈をしています。

 

問われているのは、だから、いま、ここをみずから生きる生きかた、ひとがいま、ここにもつ<生きるという手仕事>の意味なのだ。

わたしたち自身にとっての、日常とは何かということだ。

 

穴熊』に、生涯一日に一個の帽子を作り続けてきた老帽子屋が出てくるそうです。その帽子職人がつぶやくセリフですが、こんなことを語っています。

 

 

「おれはもう老いぼれだ。どこへゆくところがあろう?

(中略)

しかも目の奴あー畜生めー針を手にとりあげてみても、針もみえねえ・・・糸もみえねえ。

だからさ、な、若えの、おら役にもたたぬところをいつも無駄に縫ってるんだ・・・ただこの手、手だけがおれを欺さねえんだ・・・

 

生きるという手仕事。

 

この帽子屋はみじめな老後なのか。

私にはそうは思えないんです。

というか、これこそが大多数の人の生き方じゃないかと。

 

思い浮かぶことがありました。

 

ミレーの「落穂拾い」や「種をまく人」。フェルメールの「牛乳を注ぐ女」。

 

どこかで一度は観たことがある名画。

これらの名画がなぜ、一度観ただけで忘れることができないほどの印象が残ってしまうのか。

 

不思議じゃないですか?

ミレーの作品なんて、地味というか薄汚れたような感じですよ?

どこが素晴らしいのか全然わからなかった。だけど、忘れられない。

 

それは「生きる手仕事」のシーンを描いているから。

ここに「美」を感じてしまうから。

だから名画であるんじゃないかなと。

 

 

 地味な、退屈な仕事のなかの「美」を感じさせるんだ。

そう納得してしまったんですよね。

 

 

この半年、抱負を達成するために、日常のやるべきことを手抜きしていたり、おざなりにしていた面があったことに気づいたんです。

 

それは時間を作るためだったんですけれども。

なんか違うなって。

 

主婦雑誌の「時短術」では、

洗った食器はまた使うんだから棚に戻さなくてOK!

洗濯物はまた着る(使う)んだから、たたまなくてOK!

こんな風潮なんですよ。

 

私は、そこに行きたくないです。

陥りそうになってるところだったんだと気づいたんです。

 

だから下半期は、やるべきこと・日常の一つ一つを大切にすること。

その上で、目標を達成させようとすることに価値があるんであって、日常を疎かにして達成させるものは、美しくないと心に留めておくこと。

 

「生きるという手仕事」を大切にすることで、「じぶんが生きなければならないように生きる」を忘れずに過ごそうと想います。

 

 


失われた時代―1930年代への旅 (筑摩叢書)

熱中症対策はこれが一番。

「井戸が枯れているからお金を援助してくれ」

「ダメだ。テメーで稼げ。

自立しろ!ライターになれ!原稿料で井戸を復活させろ!!」

 

『マサイのルカがスマホで井戸を掘る話』を先日紹介しました。

マサイ族初のウェブライター。

命がけの充電をしながら、せっせとルポ記事と写真を送り、もらった原稿料で井戸の修理をし、校舎の復活もやってやろうとがんばっているルカ。

 

そんなルカが、熱中症対策の秘訣を教えてくれていました。おそらくこの方法が一番の予防策だと思われます。

 

 

 「暑い日に歩くな」

木陰に座って涼むんだ。そして大地の風を感じながらリラックスする。

だって、冷静に考えてみろよ。

その「行かなきゃならん」は、本当に「行かなきゃならん」のか?

わざわざ暑い日にやらなきゃならんことなのか?

クッソ暑い日に、本当にやらなきゃならんことは「無理しないこと」、

つまりは「休むこと」だろ?無理して倒れたら元も子もねえ。

 

もちろん脱水症には要注意。

そこに水があるならば、水があることに感謝しながら水を飲め。

そして心身共にリラックスできたら、真の意味で「やらなきゃならんこと」が見つかるかもしんねーぞ。

 

 

どう考えても、正論ですよね。

ただ、こう言われてもほとんどの人は(自分も含めてです)

「そんなこといっても行かなきゃ仕方ないし。

行かないという選択肢はないって」と即答してしまいます。

 

でも即答するときって、本当の本当に行かなきゃいけないのかを考えてるのかな?って思うと、そうでもないと思うんですよね。

 

行かない・やらないということで起こるであろう事態を想像すると怖いから、行く・やる。ただそれだけのような・・・。

 

学校の部活中に生徒が倒れた、という事態が起こってから、

「じゃあ、こういうときは休みにしましょう」とか後手後手になるんですよね。

最初っから休みにすりゃいいのに。

時間を変えるとか。

 

できない理由を見つけるよりも、できるようにするためのやり方を考える。

 

これが足りないなあと、自分では想いました。

 

「マサイ族じゃないんだから。暑いからって木陰で休むなんて、夏のあいだ休んでばっかりじゃん」ってなりますけど。

 

マサイ族がスマホを使うならば、都会に住む私たちがマサイの暮らしぶりを取り入れることもできる、かもしれない。と、考えてみる。

 

 

本当にやりたいこと・やらなきゃいけないことが見つかりそうです。

 

↓この記事、笑いました。

マサイナンバーワンのイケメンにオレのスマホを渡したらこうなった / マサイ通信:第122回 | ロケットニュース24

 

本当に熱中症予防が必要な季節になってきました。

帽子の威力をあなどるべからず。

水分補給もすぐできるように水筒やペットボトルを持ち歩くように。

ちょっとした用意で防げるものですし。

どうぞご自愛くださいね。

マサイ族がスマホ使ってなにが悪い?

「井戸が枯れているからお金を援助してくれ。学校がショボいからお金をくれ」

「ダメだ。テメーで稼げ」

 

『マサイのルカがスマホで井戸を掘る話(ルカ・サンテ&GO羽鳥:著)』です。

 

タイトルも冒頭のやりとりも「なにそれ?」の感じ。興味本位で手にとりました。

マサイのルカ。

そのまんま、マサイ族の男性、32歳、妻子アリ。

職業:戦士兼ライター。

(戦士の戦績はライオンと1戦1勝。1敗の人は実在しません。あの世へ・・・)

 

「ロケットニュース24」というサイトの編集長をしているGO羽鳥氏がマサイ族のルポに訪れました。

そこで英語通訳をしていたのがルカ。

 

気が合ったんでしょうね。

そのうちルカが、村の井戸が壊れてしまい、毎日遠くまで水汲みをしなければいけない、そして上記のことを言い出したそうです。

GOはダメだと言ったあと、こう続けます。

 

「そんなことばっかやってるからマサイ族がナメられるんだ!

自立しろ!ライターになれ!

レポートを送ってこい!

原稿料で井戸を復活させろ!

カメラがないならスマホを送ってやらァ!!」

 

 

なんともすごいお話。

フェイスブックで写真と文章をルカが送る。

GO氏が超訳してサイトにアップする。

原稿料はルカに入る。

人気のある記事ならプラス報酬も出る。

 

マサイ初のライター。

でも最初のころ、ルカは写真があればいいだろうと、写真だけ送っていたそうです。

そしたら、

「ライターなら文章書けよ!

こんなんで金をもらえると思ってんのかバッファロー(バカ野郎)!!」と怒られたとか。

ちゃんと仕事として扱っているところが清々しい。

 

でもスマホを使うことが大変なんですよ。

村には水道はおろか、電気もありません。

通信手段は「ネットカフェ」だけ。それは住む村から50キロ離れています。

充電も大変。充電スポットは10キロ先。

ライオン・ゾウ・バッファロー・キリン・カバが出現する道を歩いていかなければなりません。

充電命がけ。

 

それでもルカはお金を稼ぎたかったのです。

マサイ族だってお金がなければ生きていけないのです。

収入源は観光客が払う「入村料」と「おみやげ代」。

女性たちが作るアクセサリーで生計をたてているのですが、

観光客が訪れるのは月平均10人程度。

 

男性は出稼ぎに行きますが、出来る仕事はガードマンだけ。

戦士はつぶしがきかないし、十分な教育も受けていないので、できる仕事は限られてしまうのです。

 

 

読んでいたら、やはりどこの時代でも場所でも、変化には対応していかなければ生き残れないんだなあという厳しさを実感しました。

 

イメージとして。

「マサイ族がスマホ?なんかそれ、イメージ違う」って感じるんですよ。

槍もって、半裸で走ってるようなね、そんな姿を期待してしまうというか。

 

そんな押し付けのイメージを外から与えてしまってるから、マサイ族の人たちは変りにくいんだろうな。

 

テレビ番組でマサイ族にインスタント食品を食べてもらうところを放送したら、クレームがくるそうです。

「そんなものを食べさせたらダメだ」って。抗議の電話。

 

ルカはこう書いています。

オレたちだって、珍しいお菓子とか食いたいよ。

子供たちにも食わせたい。

他の文化に触れたっていいじゃない。

嫌だったら拒否するし。

写真だって撮りたいし、スマホだって使いたい。

稼がなきゃいけないし。みんなと同じさ。

 

 変わっていけるからこそ、生き延びることができる。

自分たちの観光旅行のために、部族の変化を許さない風潮があるのなら。

そういうの、もう自由になってほしいなと思ってしまいました。自分たちで変化を選ばないならそれでいいんだろうし。

 


マサイのルカがスマホで井戸を掘る話 [ ルカ・サンテ ]

とにかく息抜き読書に最高でした。

期待どおりのマサイの姿もあれば、「なんじゃこりゃあ!」のマサイの常識などなど。

 

ぜひ、サイトに連載中のルカのレポをご覧ください。閲覧数が多ければ多いほど、マサイの子供たちがちゃんとした教室で勉強できる未来が近くなります。

【有言実行】単行本の印税がドカンと入ったんでガツンと母校に寄付してきた!! 学校の再建いよいよ開始! マサイ通信:第171回 | ロケットニュース24

要領よくできなくってもいいかもしれない。

「3×8は?」

「3×8? 3×8イコール120÷5」と点子はいいました。

(中略)

「番地は?」

「180÷5」と、点子はいいました。

「なぜ36とそのままおぼえておかないの?」と、アンダハト嬢がたずねました。

「このほうがおぼえがいいの。」

 

点子ちゃんとアントンエーリヒ・ケストナー:著)』です。

 

 

長男(小2)の授業参観に行ってきたんです。

教科は算数。

「1000までの数字」という項目なんですね。

 

たとえば、

「360は、10がいくつ集まった数でしょう?」とか、

「10が24こあったら、いくつになるでしょう?」みたいなことを学んでいます。

 

10や100を一つの単位として覚えてしまうことで、計算が楽にもなりますね。

長男はここでつまづいています。

夏休みの復習はやりがいがありそうだ~。

 

そして二学期からは2年生の最大イベント・九九を学んでいきます。

どんどん効率良く計算していける方法を学んでいくんですね。

それも楽しみだし大切だと理解した上で。

 

点子ちゃんのようにややこしく時間のかかるやり方を選んだりするのもアリだと思います。

 

要領よく、素早くだけに価値が見いだされがちですが、

9×9=81 と覚えてしまう要領のよさと、

 

9+9+9+9+9+9+9+9+9=81 

 

このメンドクサイ作業を苦にせずやれる愚直さもあっていいんじゃないかと。

 

映画「ロッキー」って、あのボロいジムでひたすら地道なトレーニングをするところがいいじゃないですか。

 

映画「ダイ・ハード」、ボロボロのタンクトップで汗みどろのブルース・ウィリスが最新テクノロジーに素手で向かっていくところがしびれるんですよ。

 

効率良く、要領よく。

それと同じく、

愚直にやり続ける力も持てるような子になってほしいなあ。

 

 

点子ちゃんとアントン』の作者・ケストナーはあとがきでこう書いています。

 

みなさんが大きくなったら、そのときこそ世の中がもっとよくなるように、心がけてください。

わたしたちにはどうも十分うまくいきませんでした。

どうぞ、みなさんはわたしたちの時代の大多数の者よりももっとりっぱに、もっと誠実に、もっと正しく、賢明になってください!

地球もかつては天国だったことがあるそうです。

何ごともできないことはありません。

地球はふたたび天国になることができるでしょう。

どんなことだってできるのです。

 

 

点子ちゃんが発表されたのは1930年。

ケストナーはドイツの作家です。ファシズムを批判していたため、1933年からナチフ政府に出版禁止されていました。

 

 

今、ケストナーが願ったような世界になっていきつつあるのか。

私には分かりません。

いいところもあれば、イヤなところもある。

とにかく目の前の子どもに対して、誠実に賢明にいられるようでありたい。

 

 

 

パリのすてきなおじさんの人生格言

難民問題、テロ事件、差別の歴史・・・。

世界は混沌としていて、人生はほろ苦い。

だけどパリのおじさんは、今日も空を見あげる。

 

『パリのすてきなおじさん(金井真紀:文・絵)』です。

「話のおもしろうそうなおじさんを集めてみよう!」

そんな思いつきから出来上がった本です。

 

「ボンジュール、お茶しませんか」と、まるでナンパのような声かけから、見知らぬおじさんに人生を語ってもらう。

そんなおじさんたちの人生観と格言のような言葉とイラストのすてきな本。

 

フランスっていろんな人種が集まっているんですね。

登場するおじさんたちも多種多様。

そんな中、「深いな」と思わされた言葉たちを紹介します。

 

 

食べるためにピアノを弾き、悲しみを癒すために絵を描く50歳のおじさん。

「とにかく調和が大事。対立からはなにも生まれない」

 

10着しか服を持たない47歳のおじさん。

「2分考えれば済むことを、みんな大げさに考え過ぎだよ」

 

下町の彫金師、47歳のおじさん。

「機械を使えば2時間でできる仕事を、手で100時間かけてやりたい」

 

ピカソやダリと交流があった画家、82歳のおじさん。

「人生を学んでいるあいだに手遅れになる。大事なことを後回しにするな」

 

ミシュラン星付きレストランシェフ、46歳のおじさん。

「料理人はテクニックを見せてはいけない。テクニックは食べられない」

 

毎日競馬場に通う92歳のおじさん。

人生で大切なことはなんですか?の問いに、

「差別もテロもずーっと昔からある。これからもなくならんだろう。

でもわしやあんたのような勇敢な人間もいる」

「人間を好きにならなければいかん」

 

西アフリカ・マリから出稼ぎ中の56歳のおじさん。

パリの人は親切か?の問いに、

「どこにだっていいやつもいるし、バカもいるでしょう」

 

75年前「隠れた子ども」だった87歳のおじさん。

*フランスでもユダヤ人狩りがありました。「隠れた子ども」とは、家族を殺されたユダヤ人孤児のことだそうです。

「人間には、人を憎む気持ちがある。権力者がそれを奨励する」

「だけど、人は変わることができる。変らなければいけない」

 

ガンの研究をしていたベトナム人、76歳のおじさん。

「大事なのは将来ではない。いまですよ。

いま、この瞬間に大事なものをちゃんと愛することです」

 

 

ほかにも難民として橋の下で暮らしているおじさん、ゲイカップルなども登場。

著者の「はじめに」で、

どうやら世界は、思っているよりずっと込み入っていて、味わい深いようだ

 

とありますが、私はぜんぜん世界を知らないんだなと分かりました。

日本にいるだけじゃ見えないことが、この本でその一部分だけでも知ることができたのは幸だった。

 


パリのすてきなおじさん [ 金井真紀 ]

 

なにかひとつでも心にぐっとくる言葉があったなら、嬉しいです。

私はこの本を読み終えて、優しくありたいなと、柔らかな気持ちがぽわんと生まれました(どれだけ長続きさせられるでしょうか・・・)。

親切ってなんだろう?

正しいことをするか、親切なことをするか、

どちらかを選ぶときには、親切を選べ。

     by ウェイン・w・ダイアー

子どもの通う小学校の理念とか、クラス目標でみかけます。

「仲間に思いやりを持てる子に」

「親切な心」とか。

 

具体的にどうやって教えることができるんだろう?

経験を通じて覚えていくものだけど、あらためて考えてみると難しいなあって。

 

そんなときに、『ワンダー(R.J.パラシオ:著)』を読みました。

 

 

素晴らしい小説でした。

 

オーガスト・ブルマンはふつうの男の子。ただし、顔以外は。

 

 

生まれつきの障がいのため、普通とは違う顔を持って生まれた10歳の男の子・オーガストの物語です。

 

家族から愛されて大切に育てられてきたオーガスト

10歳で始めて学校に通うことになります。

 

冒頭の言葉は、国語の先生が「今月の格言」として紹介した言葉です。

 

正しいことをするか、親切なことをするか、どちらかを選ぶときには、親切を選べ。

 

親切ってどういうことをいうんだろうと考えたんですけど・・・。

この小説を読んでひとつ分かったのは、

親切って、不特定多数の人間にはできないなってこと。

 

親切なことをしたいときは、具体的な相手がいて、その人がなにを喜ぶかを想像して行動する。

これだけじゃないかと。

 

 

オーガストはみんなから不気味がられ、初日から孤立します。

けれど、親切な女の子・サマーがランチタイムで同じテーブルに座りました。

 

サマーはそれを親切だとは思っていなかった。

一人ぼっちはかわいそうだなというのがきっかけで、翌日からは、オーガストとおしゃべりするのが楽しいから、一緒にランチしていただけなんです。

 

相手がなにを喜ぶのかを知るためには、相手に好意的な興味をもつ必要もありますね。

 

「親切にしなければ!」と意気込んで、誰かれかまわず自分の思う親切を行うと、ただのおせっかいになってしまうんじゃないかと想いました。

 

みんなに親切なんて、ムリすぎる。

大切にしたいあの人に、まず親切にしよう。

 

 

修了式で校長先生のスピーチにも親切に関するこんな言葉がありました。

 

「人生の新しい規則を作ろうか・・・いつも、必要だと思うより、少しだけ余分に人に親切にしてみよう」

 

人間には、親切である能力だけでなく、親切であろうとすることを選ぶ能力もあります。

親切というのは、とても些細なことです。必要なときにかける励ましの言葉。友情にあふれた行為。さりげないほほえみ。

(中略)

今日、わたしがみなさんにお伝えしたいのは、この親切という小さなことの価値を理解しようということです。

 

 

「人生の新しい・・・」は、『ピーターパン』の原作者・バリーの『小さな白い鳥』から引用した言葉だそうです。

 

 

必要だと思うより、少しだけ余分に親切に。

これもまた、努力ではなく、さらりとできるような人間になりたいなあと想いました。

 

子どもに「親切に」や「思いやり」を身につけてもらいたいなら、大人がお手本を示さなきゃね。

子どもによって成長させてもらってます。

 


ワンダー [ R・J・パラシオ ]

 

とにかくこの小説は最初から最後まで、どこも読み飛ばせない魅力に溢れていました。中学生くらいから読めるでしょうか。

まさにワンダフルな「ワンダー」。

すべての子どもに読ませてあげたいです。

 

 

 

 

名もない人たちの極上のワイン。『ぶどう畑で見る夢は』

知的障がい者施設を舞台にしたノンフィクションだけども物語になっている、

『ぶどう畑で見る夢は こころみ学園の子どもたち(小手鞠るい:著)』です。

 

 

ココワイン」というブランドとして人気のあるワイン。このワインは「こころみ学園」という知的障がい者たちが精魂込めて、山つくりからコツコツ築き上げてきたものなんです。

 

洞爺湖サミットで採用されたことで注目されたとか。


ココ・ファーム・ワイナリー 陽はまた昇る 2014 750ml

 

小学生向けの物語仕立になっていますが、すべて実話。

戦後の施設での暮らしぶりや取り組みがわかりやすく書かれています。

 

物語の最後に、創設者の言葉がお墓に刻まれている碑文がありました。

このお墓は施設で亡くなった障がい者たちのお墓です。

 

ピラミッドのように、つくった人たちの名前は消えて残らなくても、美しい山や川が残ったら、それこそ人間としてほんとうに価値のある人生を生きたことにならないでしょうか。

 

いつか後世の人たちが「このあたりの山はなんてきれいなんだろう」と言ってくれるような山をつくる。

そんな美しい仕事を、知的障害者と言われたこの子たちがなしとげるのです。そうなったら、山をつくった人が知的に劣っていたかどうかなど、関係がなくなります。

ただ、力いっぱい人間として生きた、名もない人たちの美しい山が残るだけです。

 

 

私の持っているショルダーバッグのファスナーが調子悪いんです。

最後の5cmくらいでひっかかって締まらなくなります。

 

よく観てみると、ファスナーの歯のひとつだけ、曲がっています。

グラグラしてる?

手で元に戻せるんですけど、一度開け閉めしたらまたひっかかってしまいます。

 

「こんな小さい、ひとつだけやのに・・・」

締まらないって大きなストレスなんですよね。

 

一人一人と同じですね、ファスナーの歯の一つひとつと。 

みんながそれぞれ自分の役目を、微力の全力で果たしているからこそ、この世は今日も無事始まって終わりを迎えられる。

 

人それぞれの「美しい山」、目指したい山があり。

私にもそれなりにあります。

力いっぱい人間として生きる。

山の途中で終わっても、山中ならば本望かも。


ぶどう畑で見る夢は こころみ学園の子どもたち [ 小手鞠るい ]

 

こころみ学園のワイン醸造場のサイトです

ココ・ファーム・ワイナリー – こころみ学園のワイン醸造場